ありま鍼灸院の「ありゃまこりゃま」

福岡県久留米市のありま鍼灸院です。 はりぐらしとお楽しみ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイエット その2

ダイエット その2

『いつまでもデブと思うな』の紹介


僕自信がまだまだダイエットの過程にあるし、
そもそもそれほど必要性もないのでこの本だけ勧めるのは問題あるけど、
ダイエットはこの本があれば充分だと思ってます。

ダイエット方なんかどれも眉唾で、
そんな完璧なものがあるならみんな痩せてると思っていたが、
この本はちょいと違った。

一年で体重50kg減。117キロから67キロになった
岡田斗司夫・著のベストセラー
『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)


この本の序章でこう述べている。(孫引きもあり申し訳ない)

「『ワシントン・ポスト』の調査によると、
 アメリカでは過去70年間で、26000種のダイエット法が発表されたそうだ。
 それらのダイエット法で成功した人は、200人のうち10人。つまり成功率は5%
 【中略】
 ・・・目標体重に達する前に挫折する。
 理由は「ダイエットを続けられないから」
 そしてわずか5%の「成功者」の中でも、
 その後も体重の維持に成功した人は、
 200人のうちでわずか1人。たった0.5%しかいない。
 【中略】
 続けること。これが、ダイエットにとって最大の課題なのだ。


「「辛い思いが多ければ多いほど、早くやせる」
 そう思いがちだが、けっしてそうではない。不必要なガマンはしない。
 効率のよい行動だけを選んでも充分やせるのだ。
 少なくとも1年間で50キロは、それだけでやせる。
 だから、ダイエットは辛くない。
 逆に、楽しいダイエットでないと続かない。
 ちゃんとやせているだけで、ダイエットは断然楽しくなるのだ」


ということで、この本の一番の主題は
「いかに続けるか」にあるのが、
各種一過性のダイエット法と一線を画す部分である。

まず痩せることを4段階に分けている。
「1.助走」「2.離陸」「3.上昇」「4.巡航」
さらに維持のために
「5.再加速」「6.軌道到達」
最終的にはやせた身体を維持し続けることを目的としている。

基本的にやり方は「レコーディング・ダイエット」
つまり、きちんと記録をとること。それだけです。

しかし長年デブで通してきたバリバリ理系の言葉なので、
その説明がいちいち納得できるものです。

またまた続きまーす(^_^;)
スポンサーサイト
  1. 2011/06/29(水) 17:46:05|
  2. ダイエット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyuarima.blog8.fc2.com/tb.php/53-56e38bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。