FC2ブログ

ありま鍼灸院の「ありゃまこりゃま」

福岡県久留米市のありま鍼灸院です。 はりぐらしとお楽しみ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イギリスから来た鍼灸師 その3

イギリスから来た鍼灸師 その3

「OpenMind」

先日からもうすっかりおなじみのオベイディ先生(その1その2参照)。

オベイディ先生の素晴らしいのは「Open Mind」であるところだと思うのです。
講演中1・2回しかおっしゃらなかった言葉ですが、
非常に重要な言葉であると受け止めてました。


「鍼灸は芸術」だとよくいわれます。
それは技術職であると同時に知識や感性も必要とされるからです。

鍼の刺し方やお灸といった道具を精密に扱う技術。

人体や東洋医学、西洋医学、その他患者さんとお話しする知識。

患者さんの感情を汲み取り、指先の微妙な感覚の違いで施術を変更する感覚。


全てが鍼灸師の中で合わさって、
そこに患者さんが加わって表される芸術のようなものが鍼灸治療です。


んっ?話が脱線しちゃったか?(^_^;)



オベイディ先生は、
イギリスでは呪術のような扱いだった鍼灸をOpenMindで受けて、
素直にその素晴らしさを受け入れて、
中国で習うつもりが日本の鍼灸の良さからOpenMindで日本で免許を取得。

その他の治療技術や他の国でも学びながら、
様々な治療技術の良さをOpenMindで自分の中に取り入れて、
自分の治療技術として日本鍼灸の延長線上で表現されようとされてるように感じました。

自分の世界にかたくなになり、
その他のものの良さを認めたがらない人も多い中、
なんと開かれた心で学ばれてるのだろうと感心しながら、
講演や実技を見せていただきました。

先生は以前、カイロやオステオパシーの日本の治療家から、
通訳としてアメリカに同行したことがあるとのことで、
その際、アメリカのトップのカイロやオステオパシーの治療家から、
「日本の鍼灸技術は素晴らしいから、そのまま学び続けた方がいいよ」
といった言葉をかけられたそうです。
どこでも高みを目指す人、たどり着いてる人は広い心で見てるのでしょうかね。


お灸に関する技術的な考察も面白く、
深谷灸(そういうお灸のやり方があるんです)から学ばれた技術と、
鍼灸治療の理論的な部分を結びつける考え方は、
私の鍼灸治療の今後にも大事な考え方となりそうでした。

ああいった感覚だけでない、
きちんとした知識の裏付けから説明されるのを聞くと、
ああ・・・と自分の不勉強を省みるのです(-_-;)

まったく充実と反省のオベイディ先生の講演会でした。(了)
スポンサーサイト
  1. 2011/06/23(木) 18:39:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyuarima.blog8.fc2.com/tb.php/48-9cffd1a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。