ありま鍼灸院の「ありゃまこりゃま」

福岡県久留米市のありま鍼灸院です。 はりぐらしとお楽しみ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

診察 その3 触診・テスト

診察 その3 触診・テスト


患者着(必要に応じてお貸し出ししてます。)



ある程度話をお聞きすると、それなりに状況や原因が分かってきます。
そのあたりで、実際に動かしてもらったり(動作負荷テストなど)、
触ったり押したりして、身体を診ていきます。

だいたい以下のような流れで診ることが多いです。

まず座った状態のまま、
動きによる症状の変化や、動きの制限がないかなど診たり、
患部やその周辺を押したりして圧痛の有無など確認します。

その後、仰向けに寝ていただき、
下肢の筋肉の緊張などによる身体のバランスの変化や、
首の状態などを診ます。

そして東洋医学的な診断として、
お腹の状態を打診(軽く指で叩いて音を聴く)したり、
舌の状態を診たり(ベロの形や色で身体全体の状況を予測する)、
手首の脈の打ち方を診ます(脈の強さで身体の状況を診る)。

「お腹みせてもらっていいですか?」とか言ってポコポコ叩いたり、
「ちょっとベーって舌出してみて。」とか、
両手首を指で軽く触ったりするので、
初めての方はビックリするかもしれません。
鍼灸など東洋医学の診察では重要な部分になります。
もし嫌なときや、説明が必要な際は気軽に言ってください。

その後、うつ伏せになっていただいて、
首、背中、腰などの状況を触ったりして確認します。
これらの部位は、
西洋医学の解剖的にも身体を支える構造として、
脳からの指令を送る神経系として重要です。
また東洋医学としても、
背骨の両脇に身体の各部位に影響を及ぼすツボが多数あり、
これらの施術により、症状のかなりの部分を治療することができると考えてます。


たいていこのくらい診てからおもむろに施術をおこなっていきます。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/16(木) 19:40:14|
  2. 鍼灸治療について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyuarima.blog8.fc2.com/tb.php/42-e3d0c534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。