FC2ブログ

ありま鍼灸院の「ありゃまこりゃま」

福岡県久留米市のありま鍼灸院です。 はりぐらしとお楽しみ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

診察 その2 問診

診察 その2 問診


待合室


治療室




待合室で予診票を書いていただいたら治療室にて問診を行います。

問診でかなりのことが分かるので、
それなりに時間(10分くらい)をいただくことが多いです。


大まかにお尋ねするのは治療して欲しい症状【主訴】についての以下のようなこと。
例として、ある頭痛の場合にしましょう。

○どのような症状か(強さや頻度など)

 例)頭痛。
   右のこめかみが痛い。
   キリキリするような痛み。
 (このあたりはご自分の言葉でしゃべってもらうことが大事になります。
  どういった症状かを思いつく言葉で表現してみてください。
  症状には個人差が多々あるので、いろんな表現をしていただくことで、
  私は患者さん個人個人の症状や苦労をイメージしようとしています。)
   
○いつからか

 例)以前からあって、たまに痛くなるがそのうち良くなる。
   今回は1週間前くらいから痛みが続いている。

○何かきっかけがあるか

 例)仕事が忙しかった。
 (きっかけは思い当たらないことも多いので、気にしないで結構です。
  特別なきっかけが見当たらないこともあれば、
  いろいろ話していくうちに思い当たることもあります。)


○症状は悪化してるか、改善しているのか

 例)ここ1週間はずっと同じくらい。

○どういうときに症状が出るか。悪化するか。

 例)仕事でパソコン使い続けると次第にひどくなる。
   肩もいっしょに凝ったような感じになる。


○何か治療をしているか。

 例)薬局の頭痛薬を飲んだけどあまり効かないので、
   鍼灸がいいと聞いて・・・。
   昔病院で頭を診てもらったけど、何もありませんでした。



【主訴】に関しては以上のような質問が定型的な質問になります。
付随して、症状や状態に応じていろいろお尋ねします。

うまく表現しようと頑張らなくて結構です。

なんとなく漠然とした感じでもいいので、
思ったこと感じたことをそのまましゃべってもらえれば、
それが一番の診察の材料になります。   

その他、予診票でお訊きしたことの中から、
気になる点などをピックアップしてお尋ねしたりします。

肩こり、腰痛、胃腸の状態など、
ちょっと関係ないようなことがらも、
意外と今の主訴とつながりがあることもあるので、
そのあたりを質問することもあります。
私の治療経験からすると、
胃腸の調子はいろんな症状と関係が深いように思います。


いろいろお話ししたら実際に身体を触ったり動かしたりしてみます。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/15(水) 22:51:22|
  2. 鍼灸治療について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyuarima.blog8.fc2.com/tb.php/41-5fef1c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。